旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

今秋リリースの「iOS 11」対象リスト発表--iPhone5/5cは対象外32ビットアプリも起動せず

ノンカテゴリ

今秋リリースの「iOS 11」対象リスト発表--iPhone5/5cは対象外32ビットアプリも起動せず

今秋リリースの「iOS 11」対象リスト発表で、iPhone5/5c は適応対象外、おまけに32ビットアプリも起動しない模様

今秋にリリース予定の「iOS 11」ですが、対象リストが発表されました。iPhone5/5c は適応対象外、おまけに32ビットアプリも起動しないと言うことがわかりましたのでシェアします。

32ビットアプリを起動しようとすると、上の画像のように「このアプリをiOS 11で稼働させるには、このアプリのアプリ開発者がアプリをアップデートする必要があります」という通知が表示され、起動できない。

 Appleは2014年、2015年2月1日以降にApp Storeに登録するアプリの64ビット化を義務付けると告知した。iPhoneのプロセッサであるAシリーズは2013年発売のiPhone 5sの「A7」から64ビット化した。

 32ビットアプリは、2016年9月7日からApp Storeから削除されている。

 現在もまだ32ビットのままのアプリを起動しようとすると、以下のような警告が表示される。今は警告画面で「OK」をタップするとアプリは起動し、その後は警告画面は表示されなくなる。

 愛用アプリに32ビット版があるかどうかは、[設定]→[一般]→[情報]→[App]をタップすると表示される[互換性]で確認できる。

 また、A7以前のプロセッサを搭載するiOS端末はiOS 11にアップデートできないことも明らかになっている。
【関連記事】

「iOS 11」にアップデートできないのは「iPhone 5」他2モデル
「iOS 11」発表 Apple Payの個人間送金、Siriの翻訳、App Storeリニューアルなど
WWDC 2017まとめ
Apple、App Storeの放置アプリを9月7日から削除へ ガイドライン改定でアプリ名は50字までに
Apple、iOSアプリの64ビット対応を義務付けへ 2015年2月から

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

Appleの「iPhone」および「iPad」向けOSの最新版である「iOS 11」が、数カ月後にリリースされる。iOS 11には、素晴らしい新機能がたくさん含まれる。読者の中には、同OSを手に入れたくて少しそわそわしている人もいるはずだ。だが、iOS 11は読者のiPhoneやiPadに提供されるのだろうか。

 古いiPhone(具体的には、2013年よりも前のiPhone)を使っているのでなければ、おそらく恐れることは何もないはずだ。

 iOS 11が提供される予定のApple端末の完全なリストは、以下の通りだ。

「iPhone 5s」以降のiPhone
「iPad Air」の全モデル
「iPad Pro」の全モデル
「iPad mini 2」以降の「iPad mini」
「iPad」(第5世代)
「iPod touch」(第6世代)

 言い換えると、Appleの「A7」以降のチップを搭載するiPhoneやiPad Air、iPod touchは全てiOS 11を受け取ることができるはずだ。ただし、「iPhone 5」と「iPhone 5c」向けのiOSアップデートは終了するようである。これらのスマートフォンは、今後も使い続けることが可能だが、OSはiOS 10のままだ。

 ただし、iOS 11の全機能が全ての対象端末に提供されるわけではないことに注意してほしい。例えば、拡張現実アプリの開発を支援する新たなフレームワーク「ARKit」は、「iPhone 6s」以降のiPhone、iPad Pro、iPad(第5世代)、「iPhone SE」でしか動作しない。

 iOS 11は2017年秋にリリースされる予定だ。具体的には、9月に新型iPhoneとともにリリースされる可能性が高い。

 

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ