ビットコインを上回る新仮想通貨とは

ノンカテゴリ

ビットコインを上回る新仮想通貨とは

ビットコインを上回る新仮想通貨とは

最近、暗号通貨業界で話題に上がりだしたノアイコン(NOAH COIN)ですが、インターネットや周りの人からその名を聞いたことがあっても、その詳細まではわからないという方も少なくないでしょう。

そこで今回はノアコインとは一体どんなものなのかを仮想通貨初心者の方でもよく理解できるように簡単に説明していきます。

1.ノアコインは従来のものとは全く違う新しい仮想通貨

このノアコインですが、従来存在する同種のものとは大きく違う点がいくつかあります。これがノアコインが注目されている原因でもあり、新しい仮想通貨時代の幕開けを期待させられる要因でもあります。

そこでこのノアコインが従来の仮想通貨とどう違うのかを詳しく説明していきましょう。

2.官民挙げての一大プロジェクト

仮想通貨の特徴の一つが発行元が不在である点です。

よって、従来のビットコインにしろイーサリアムにしろ取引において何か問題が発生したとしても、それを解決するための拠り所は一切ありません。

つまり、仮想通貨の購入も、それを使用しての取引も個人の責任において行われるというのが前提となってきます。

しかし、ノアコインは違います。

ノアコインはフィリピン政府とフィリピン経済界が一緒になって立ち上げたノアプロジェクトの一環事業であり、発行元の所在がハッキリとされています。

ノアプロジェクトとは

ノアプロジェクトについての詳細はまだ明らかにされていませんが、マニア郊外の40ヘクタールに及ぶ広大な土地を開発してノアシティを建設予定です。

ノアシティとは

アミューズメント

ショッピングモール

カジノ

ホテル

などを併設した一大都市を構築し、内需だけでなく外需の取り込みを見据えた国家的一大プロジェクトと言われており、ノアコインはこのノアシティの通貨として利用する予定だそうです。

これだけの規模で広げられるインフラでノアコインが使用されるとなると、今までの仮想通貨では考えれないほどの発展性を秘めていることは間違いなく、仮想通貨は今までにない新しい時代の幕開けを迎えることになるでしょう。

フィリピンが抱える深刻な経済問題の解決策として生まれたのか新仮想通貨のノアコインです。

ノアコインはフィリピンの抱える大きな問題解決策として国民や政府から大きな期待を寄せられています。

ノアコインの様に、他のビットコイン等をはじめ、国策として、なければならない仮想通貨が他にありますでしょうか?

フィリピンが抱える深刻な経済問題の解決策

現在、フィリピンを支えている主要産業の1つにアウトソーシングが挙げられ、海外の大手企業が資本投資を行い、様々なアウトソーシング事業を展開しています。

その規模はフィリピンのGDPの約20パーセントとも言われており、フィリピン経済を支えています。

そしてそれをも上回るのが出稼ぎです。

これはもはや産業と呼ばれる類ではありませんが、現状、フィリピン国民の多くが外貨の高い海外に出稼ぎに出て、その稼いだお金をフィリピンに居る家族に送金しています。

その金額たるや3兆円とも言われており、現在のフィリピン国民を支える欠かせない収入源の1つとなっています。

そして現在、問題とされているのがフィリピンへの送金料です。

日本では信じられないことですが、フィリピン国民は銀行口座を持つ習慣がなく、銀行口座所有率は国民全体の約30%と低く、フィリピン国民の大体数は自分の銀行口座を持ち合わせていません。

よってフィリピンへの送金は海外の送金代行業者に頼っているのが現状です。

しかもこの送金代行業者に支払われる代行手数料は驚く程高く、10~12%にも上ります。

年間の送金金額が3兆円ならば、安くてもその10%である3000億円がフィリピン国内ではなく、海外へ流れている計算になります。

「そこで問題解決するために登場するのがノアコインです」

ノアコインならば仮想通貨の特徴の1つである

・手数料無料での送金が可能

・数秒で決済が完了できる

・今まで海外に流れていた3000億円がフィリピン国内に入ってくる

ノアコインを利用することで国も潤い、国民も潤う結果が期待できるというわけです。 ここが他の仮想通貨と大きく異なる所です。

3.ノアコインは利息が付く

そしてノアコインが投資家の間で大きな話題になっている一番の原因が利息が付くという点です。

ノアコインは初年度購入したコインの20%が利息として分配されます。

この利息については毎年少しずつ減らされて40年後には0.06%くらいになると言われていますが、ここ数年でそんなに大きな減額が行われることはないので、5年間保持すれば約100%の利息が付く計算になるので、その時点でノアコインの価値は購入時の2倍となるわけです。

そうなると通貨としてではなく、投資対象としても大きな魅力を備えた金融商品となってくるのです。

4.ノアコインは新世代の仮想通貨となりうる

それでは、ビットコインとノアコインでは何が違うのでしょう?

【ビットコインとノアコインを比較】

■ビットコイン(Bitcoin)

・オープン時期:2009年1月

・管理運営:なし

・通貨単位:BTC

・最大発行枚数:2,100万BTC

・承認方式:POW

・利息:無し

■ノアコイン(NOAH COIN)

・オープン時期:2018年6月12日(現在未上場)

・管理運営:NOAH Foundation

・通貨単位:NOAH

・最大発行枚数:2,160億枚

・承認方式:POS

・利息:初年度20%

「ビットコインの問題点」

1)決済完了までに平均10分程度かかる

ネットワークが合意して受け取ったビットコインを使えるようになるまでに、平均10分ほど時間がかかる。数秒で決済が完了するノアコイン(NOAH COIN)に比べると遅い。

またスケーラビリティの問題でブロックサイズの制限により、ビットコインの取引が1日で最大604,800取引までしか処理できないため取引の遅延が発生する。

2)プロモーション、インフラ整備を行う運営元が存在しない。

ビットコインの周辺サービスや広告を主体的に行う運営元が存在しないため、一般のユーザーには全く普及していない。また不正なブロックを監視するためのノードを立ち上げるユーザーは、ネットワークの分散化に協力しようとする人たちによるボランティアであり減少方向にある。

3)非常に多くの電力を消費して、環境破壊に繋がっている。

中国のマイニング工場では月8万ドル(約1,000万)の電気代が発生。

(現在消費されている電気代は年間およそ1,000億円)

「ノアコインがビットコインより優れている点」

1)強力なバックアップ支援

Lucio Tan(ルシオ・タン)

フィリピン国内で2番目の大富豪。2013年のフォーブス誌に7.5億ドル(約850億円)の資産と掲載される。フィリピン航空を経営しているフィリピン有数の一族として有名である。

2)ノアコインで集めた全資本を以下に投下

開発資金

・NOAHウォレット開発

NOAHCOIN専用ウォレットを開発

・主要通貨対応(BIT,ETC,ETH,XRP...)

・定期課金対応(光熱費、携帯などの毎月引き落としのもの)

・ウェアラブルウォレット開発中

他の暗号通貨だけでなく、法廷通貨やネットバンキングとの連携を取るサードパーティアプリケーションを作成するためのAPIを公開予定

・Developer用の専用アカウントも準備中

広告およびプロモーション

TVCM・インターネットCM

フィリピン最大級のメディア「ABC-CBN」にてテレビ、ラジオにおけるCMを随時放映予定。

フィリピン最大級のメディア「ABC-CBN」にてテレビ、ラジオにおけるCMを随時放映予定。

高速道路・機内広告

マカティからNOAHCITYまでの25マイル全ての広告にNOAH PROJECTの広告を掲載。

インフラ整備について

・専用のプリペイドカードの配布

VISA、MasterCard、UnionPayが使える場所で現金化が可能。

・ATMを世界中に設置

銀行をはじめとする各金融機関と連携して、世界中のATMにノアコイン(NOAH COIN)を対応予定。ドル、円、ペソ、ユーロ、元などの法定通貨に両替が可能。

・ノアシティ(NOAHCITY)の開発

全ての場所でNOAHCOINが使える街

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ