知って得するiphone豆知識講座 Wifi 通信制限

ノンカテゴリ

知って得するiphone豆知識講座 Wifi 通信制限

iPhoneの通信速度制限を回避するWi-Fiテクニック


1). Wi-Fiアシストをオフにする(iOS9限定)

設定>モバイルデータ通信>Wi-Fiアシスト:オフにします。

iOS9では「Wi-Fiアシスト」という機能がデフォルトでオンになっています。電波が弱くWi-Fiの接続状態が悪い時に、自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能です。便利な機能ですが、Wi-Fiで接続しているつもりなのに、知らないうちにモバイルデータ通信で接続され、大量の通信データを消費してしまう可能性があります。
アシスト機能をOFFにすることで大量の通信データ消費を防ぐことができます。

iOS9では「Wi-Fiアシスト」という機能がデフォルトでオンになっています。電波が弱くWi-Fiの接続状態が悪い時に、自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能です。便利な機能ですが、Wi-Fiで接続しているつもりなのに、知らないうちにモバイルデータ通信で接続され、大量の通信データを消費してしまう可能性があります。
アシスト機能をOFFにする事でモバイルデータ通信で接続され、大量の通信データを消費することを防げます。

2)Appのバックグラウンド処理を制御する

Appのバックグラウンド更新がオンになっていると、使用していないアプリでも一定間隔で自動的にネットワークに接続し、最新情報を取得します。

設定>一般>Appのバックグラウンド更新:バックグラウンド更新をオフにすると一括で無効にできます。
◾設定>一般>Appのバックグラウンド更新:バックグラウンド更新をオンにして、アプリ別にオン/オフを選択します。


3)モバイルデータ通信をアプリ別に制御する

アプリの同期・更新を3G/LTE回線でしないようにします。Wi-Fi環境下でのみ行います。これはアプリのアプリ別に設定が可能です。

◾アプリ別の通信量を正確に把握します。
◾移動中にも必要な「Map系アプリ」や「Find iPhone」はオンのままでいいでしょう。
◾設定>モバイルデータ通信:アプリ別にオン/オフを選択します。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ